初心者向け講座1 【URLを決める】

URL

 

ホームページを公開するのはとてつもなく大変なことのように思えますが、慣れればそこまで難しいことではありません。ただ、普通の人は「慣れる」ほどホームページを作ることはないと思うので、大抵の人はちょっと調べてあまりにも複雑そうに思えて挫折してしまいます。

 

そこで私たちのようなホームページ制作会社がお金をもらって制作業務の代行を受ける訳です。基本的に複雑な部分は私が行うし、お客さんに決めてもらう部分でも相談して決めるので、パソコンに触ったことのない人でも大丈夫です。少なくとも藤沢市内の方であればしっかりと付き合います。

 

ただ「ある程度自分でもどんな風にホームページを作るのかしっておきたい」という方のために、「初心者でもわかるホームページ制作の流れ」シリーズを順次公開することにしました。大まかな内容しか書いていないホームページ制作の流れとは違って、個々の具体的な内容をまとめていきます。

 

ホームページのURLを決める

URLとドメインの違い

 

まず、ホームページのURLを決めます。URLとはインターネット上の住所です。株式会社瑞鶴のURLはhttps://zuikaku.co.jpです。これは世界にただ一つのインターネット上の住所です。この文字列を辿れば必ずこのウェブサイトを見ることができます。会社の場合は普通「会社名」です。だから私も「瑞鶴」をローマ字表記にした「zuikaku」を使いました。

 

「.co.jp」の部分をドメインと言います。ドメインはウェブサイトの属性を示すものです。例えば「.com」は本来「商用」を意味しますが、今は特に関係なく使われています。日本であれば「.jp」、アメリカであれば「.us」、非営利団体であれば「.org」などもあります。「.co.jp」の示す属性は「日本の会社」です。「.co.jp」に関しては法人登記が必要で普通の人は利用できません。

 

URLは自由に決められるからこそ大事

URLは基本的にホームページのタイトルか組織名と同じ文字列にするのが望ましいです。それはGoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果に表示された時にかならず目に入るため、利用者が見るかどうかの判断材料の一つになっているからです。また、SEO(検索エンジン最適化)対策においても、大事な要素の一つとされています。

 

ドメインはここ数年でめちゃくちゃ種類が増えています(笑)。全く見たことない珍しいものも含めて100種類以上あります。ただやはり目新しいドメインよりも、なじみ深い「.com」「.jp」「.co.jp」「.net」あたりにするのが無難です。

 

URL&ドメインの取得

URLが「zuikaku」だけだど、実は結構色々なホームページが存在しています。ドメインだけ違うサイトがたくさんあるんですよね(笑)。次の写真はドメインの取得代行業者「ムームードメイン」のサービス画面です。

 

取得したいURLを入力するだけで様々な種類のドメインの空き状況を確認できます。×印がついているドメインは既に存在していることを示します。当ホームページは「.co.jp(法人向け)」です!

 

瑞鶴ドメインの取得状況

 

こんな感じで、基本的にURL&ドメインは専門の業者に依頼して取得を代行してもらいます。私が普段使っているのは上で紹介した「ムームードメイン」という業者です。

 

ムームードメインの良さは、とにかく安いし使いやすいことです。URL&ドメインの取得にかかる費用は業者によって異なりますが、どこで取得しても商品は全く同じなので、「安すぎて不安!」ということはありません。ちなみに、セール中だったり通常価格だったりで、タイミングによって値段にばらつきがありますが、「.com」は500〜900円ぐらい、「.jp」や「.co.jp」は2,500〜3,000円くらいです。

 

 

関連ページ

ウェブサイト
ウェブページの集合体をウェブサイト(WEBサイト)と言います。ホームページという言い方は本来間違った用法ですが、日本ではウェブサイトと同義で使用されています。
ドメイン
ドメインはインターネット上の住所のようなもので、アルファベットと一部の記号を使い表します。最近は日本語もドメインに使えるようになりました。ドメイン代行業者に申請することで独自ドメインを取得できます。
レンタルサーバー
ホームページを公開するためにはインターネットに接続されたサーバーが必要です。サーバーはホームページのデータを保管する機器で、通常は業者からレンタルします。ホームページ制作でつまづきやすいのでしっかりと解説します。
Googleマイビジネス
Googleマイビジネスに登録すると検索結果に会社の住所や電話番号を表示させることができます。また広告を出稿できるようになるので、WEB集客を増やす手段として有効です。ホームページ運営・ビジネスを成功させるために非常に大事なサービスです。
初心者向け講座2
ドメインを取得したらホームページのデータを保管するサーバーをレンタルします。一般的にはレンタルサーバー会社にお金を支払って一定の要領を借ります。WordPressなどのCMSを簡単にサーバーにインストールでき、管理画面が分かりやすい業者がおすすめです。
初心者向け講座3
ホームページ制作の最初の具体的な業務として「ディレクション」があります。これはウェブサイト全体の構成を考えることです。各ページに何を載せるのか情報を整理して、ユーザーが見やすいような構成にすることが重要です。
初心者向け講座4
ホームページのタイトルは検索した時の入り口になるので非常に重要です。タイトルを決まる時には、初めてあった人に自己紹介するように丁寧な文にすることが大事です。サービス名よりも、まずは自分の名前(会社名)を置くことでわかりやすく見せることができます。
初心者向け講座5
初心者でもわかるホームページ制作講座第5回目は「トップページを作ろう」です。トップページにはウェブサイトの概要、魅力、ホームページメニューを簡潔にまとめます。利用者やGoogleなどの検索エンジンにとっての顔になるので一番重要なパーツです。
初心者向け講座6
ホームページにトップページを作ったら、固定ページを追加します。固定ページは内容をほとんど更新しないページで、例えば「会社概要」「代表挨拶」「アクセス」を載せます。常に表示させることが多いので最初にしっかりコンテンツを詰めておくことをおすすめします。
初心者向け講座7
ホームページの形が整ったら、あとは定期的に更新します。WordPressでは投稿ページを投稿することで、カテゴリー化やアーカイブ表示できるようになります。ユーザーが求めている情報を提供し、検索エンジンに対するSEO対策をすることが目的です。
WordPress
ホームページ制作に必要なソフトウェア(CMS)であるWordPress(ワードプレス)の解説をします。WordPressの設定方法、デザインの作り方、コンテンツ作成、プラグイン機能の利用、SEOを絡めたウェブ集客や安全な運用についてもまとめます。