レンタルサーバー
ホームページに必要なものは、ホームページそのもののデータ(テキスト・画像など)、ドメイン、サーバーです。どれが欠けてもホームページを見ることができません。ドメインに関しては別記事で解説したので今回はサーバーについて解説していきます。

サーバーはデータの保管場所

ドメインをネット上の住所と例えました。ただこの住所はあくまで文字の羅列にすぎないので、実際に家を建てる土地が必要です。それがサーバーです。実際にはホームページを作るわけですが、そのデータをサーバーという場所に保管しておくことになります。

サーバーは自分で作ることもできますが、まとまった資金と専門的知識が必要なのと、セキュリティーの必要性で、レンタルするのが一般的です。私は「XSERVER(エックスサーバー)」(以下の写真)を利用しています。その理由は、たまたま目についたというのと、レンタルサーバー業界では(それなりに)大手だからです。

 

エックスサーバー
 

エックスサーバーは初期費用3,000円+月額1,200円が最もシンプルなプランです。最初の契約期間を最も長く(36ヶ月に)設定すれば、月額費用は900円まで安くすることができます。

実際はもっと安いレンタルサーバーもあります。よほど大規模な事業を展開していない限り、毎日何万人もみるような規模にはならないと思うので、どこのレンタルサーバーでも大丈夫です。ただ安定性や便利な機能を考えて先ほど紹介した「エックスサーバー」はおすすめです。

独自ドメインをレンタルサーバーに設置してひと段落

と言うことで、独自ドメイン(ネット上の住所)をレンタルサーバー(データの保管場所)に設置すれば、ホームページの制作を進めることができます。設置の方法はレンタルサーバー会社ごとに方法が異なるので省略します。

ホームページの制作会社によっては、このドメインとレンタルサーバーの手続き代行で数千円~1万円程度請求するところもあります。確かに、初めての人はどこから何をしてよいかわからないし、実際に色々と面倒な部分はありますけどね笑。

自分で簡単にホームページを作りたいならグーペ

「ドメイン?レンタルサーバ?何それわかんない!」という人におすすめしたいのがグーペ(Goope)というサービスです。先ほど紹介したムームードメインの母体であるGMOグループの一つで、ウェブ上で簡単にホームページを作ることができるので最近人気が高まっています。

他にも無料でできるサービスもあります。詳しくは無料のおすすめホームページ作成ソフトをご覧ください。

The following two tabs change content below.
シンシン
株式会社瑞鶴の代表取締役社長です。すぐ太るので週に何日かはフィットネスジムかボクシングジムに通っています。それ以外の日は大体呑み歩いています。