“C言語”というフレーズを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。こんにちは、IT系の学生、ヒロです。

C言語はプログラミング言語の1つで、とても有名な言語と言えるでしょう。有名なだけあって、プログラミングの発展にとても重要な役割を果たしています。そんなC言語を今回はちょっとだけ紹介します。

C 言語とは

c言語

C言語の“C”は何を意味しているかご存知ですか?実はC言語は「B言語」というプログラミング言語の改良版で、「Bの次」という意味で「C」と名づけられました。あ、ちなみに、A言語はありません。

C言語は高級言語という分類の中で比較的古い言語です。そのため、低水準言語に近い要素を持ちます。人が読みやすい形で記述できる上に、ハードウェアの動作に寄った処理を命令できることが、特徴であると言えます。しかし、それゆえ効率的な(簡易化した)処理は行えません。

具体的に言うと、ABCDEという処理を命令するために、他の言語ではFという命令だけでいいところ、C言語では全命令を一つずつ記述し無ければいけません。
高級言語や低級言語については以下の記事をご覧ください。
>>「C言語?java?プログラミング言語っていったい何??」

しかし、プログラムの挙動をしっかりと考えながら記述しなければいけないということは、学習には向いていると言えます。また、プログラミングにハードウェアの知識が必要なので、必然的にハードウェアにも詳しくなります。そして、ハードウェアに詳しくなると、他言語を書く時もより効率的なプログラムを作れるようになります。

また、C言語は実はとても偉大な言語で、今あるプログラミング言語の数々に影響を与えています。C++、java、ObjectiveCなどはC言語を参考に作られた言語です。ということは、C言語が書けるようになればこれらの言語も取っつきやすくなるということです。

なんか宣伝みたいになっちゃいましたね(笑)でも、もしプログラミングを仕事で活かしたいなら、C言語の学習は最強におすすめです。

C言語でできること。

プログラム実行中

では、そんな優秀なC言語では何ができるのでしょうか。

OS(オペレーティングシステム)はC言語で書かれてることが多いです。OSとはWindowsやmacOSの事です。いわゆるコンピュータのベースとなるプログラム(=ハードウェアよりのプログラム)はC言語で記述できます。

そして、C言語は「何でもできます」。…そうなんです。何でもできちゃうんです。極端な話、コードの行数や作成期限が無ければ、どんなプログラムでもC言語でプログラミングすることは可能です。じゃあなんで新しく言語ができるのかっていうと、他言語の方が効率的なケースがめちゃめちゃあるからです(当然ですが)。

言語によって目的とする動作との相性があります。そもそも、そこを効率化するために新しく言語を作るわけです。例えば、「C言語で書いている、1つ1つの処理をまとめちゃおう!」ってことでオブジェクト指向というものが誕生したりしてます。(いつか記事にしようかな(笑))

まとめ

ハリネズミとPC

いかがでしたか?C言語は奥がとぉーっても深いので語りつくすことは叶いませんが、少しでもなんとなくイメージができたら嬉しいです!ちなみに、僕が最初に触った言語がこのC言語で、本当に大変で苦しかったです。

大学の授業や、何かのスクールならC言語からプログラミングを学ぶのは良いですが、独学なら別の言語からの方がいいかな~と思います。
久しくC言語でプログラミングしてない、ヒロのブログでした。
 

The following two tabs change content below.
ヒロ
将来のIT業界で大活躍するため、学業に勤しんでいる学生です。猛勉強の日々の中、バイクや音楽、お酒、ダンスを楽しんでいます。趣味は旅行です。