初心者向け講座2 【サーバーを借りる】

レンタルサーバー

 

前回は自分のホームページのインターネット上の住所(URL)を決めて、取得するまでの話をしました。今回はホームページをインターネット上に公開するために必要な「サーバー」を借りる話をします。
前回の記事:初心者でもわかるホームページ制作 その1 【URLを決める】

 

サーバーとは

サーバーとはインターネット上でデータを保管する場所です。現実世界ではでかい箱のような機器で一見すると何の機器だかわかりませんが、インターネットに接続されたサーバー機器にデータが保管されることで、ホームページを世界中の人に見てもらえることができます。形式的にはみんなインターネット上の住所(URL)を見ているつもりですが、実質的にはサーバーにアクセスしてそこに保管されている文字や画像などのデータを見ているわけです。

 

例えば画家が「絵」を描いて「画廊」を開き、多くの人に見てもらうとしましょう。「絵」が「データ」で、「画廊」が「サーバー」に該当します。画家が絵を描いて自室に置いているだけでは誰も見ることができません。しかしたくさんの絵を置けて、自由に出入りできる画廊を設けることで、他の人に画家の絵を見てもらうことができます。

 

一般的にはレンタルサーバー

サーバーは小規模なものであれば個人で用意できますが、機器の管理(電源の確保、温度管理、メンテナンス、セキュリティ等)が難しいです。そのため、一般的にはレンタルサーバー会社にお金を払って、一定のデータを保管できる権利を得ます。サーバー機器はレンタルサーバー会社のものを使用するので、物理的な管理や基本的なセキュリティを気にしなくてよいことに加えて、比較的安価に利用でき、使わなくなったら解約するだけで良いというメリットがあります。
※サーバー機器そのものを借りるのではなく、保管できるデータ容量の一部を使用する権利を得るだけです。

 

おすすめのレンタルサーバー会社

レンタルサーバー会社は日本だけでも腐る程たくさんあります。私も業務上複数の会社を利用しているので、その中からおすすめの会社を紹介します。

 

エックスサーバー

エックスサーバー

 

私がメインで利用しているレンタルサーバー会社です。業界では準大手で、安定して利用できます。WordPressやwikiなどのCMS(Contents Management System)を1クリックで自動インストールできるので、初心者でも簡単に利用できます。また自分のホームページ専用のメールアドレス(例えば◯◯◯@zuikaku.co.jpなど)を自由に作成できて、WEB上でメールを管理できるので、パソコンにメールソフトがなくても大丈夫です。

 

レンタル料金は初期費用(3,000円)+月額利用料金(900?1,200円)です。レンタル料金はやや高めですが、安定性や使いやすさを考えて納得して支払っています。

 

URL&ドメインも同サービス内で取得できるので、経費の管理を一本化できるメリットもあります。ただURL&ドメインの取得料金も他の業者と比べてやや高めです。もし少しでも経費を安くしたいならば、ムームードメインなど安くURL&ドメインを取得できる業者で取得して、エックスサーバーでデータ管理する方法もあります。

 

>>エックスサーバー公式サイト

 

ロリポップ

ロリポップ

 

ロリポップというと一瞬怪しく感じますが、英語でお菓子の「キャンディー」を意味します。名前はともかく、ここはとにかく安さが魅力です。またエックスサーバーと同様にCMSの自動インストールがあります。ただ管理画面がごちゃごちゃしていて、若干使いづらい点があるのは否めません。

 

利用料金は初期費用(1,500?3,000円)+月額利用料金(100?2,300円)です。ただし、WordPressの自動インストールが使えるのは月額250円からです。それでもかなり安いので、とことん経費をカットしたい人におすすめです。

 

>>ロリポップ公式サイト

 

さくらインターネット

さくらインターネット

 

レンタルサーバー会社の老舗です。管理画面も古くさいのはそのせいでしょうか。値段は良心的ですが、ここも若干使いづらいです。WordPressの自動インストールはありますが、いくつか設定が必要なので、初心者には不向きです。

 

利用料金は初期費用(1,029?5,124円)+月額利用料金(129?4628円)です。ただし、WordPressの自動インストールが使えるのは月額515円からです。

 

>>さくらインターネット公式サイト

 

 

 

とりあえずこの3つの中から選べば失敗はありません。初心者はエックスサーバー、とことん安さを求めるならロリポップですね。さくらインターネットは・・見て気に入ったら使ってみてもいいと思います笑

 

 

関連ページ

ウェブサイト
ウェブページの集合体をウェブサイト(WEBサイト)と言います。ホームページという言い方は本来間違った用法ですが、日本ではウェブサイトと同義で使用されています。
ドメイン
ドメインはインターネット上の住所のようなもので、アルファベットと一部の記号を使い表します。最近は日本語もドメインに使えるようになりました。ドメイン代行業者に申請することで独自ドメインを取得できます。
レンタルサーバー
ホームページを公開するためにはインターネットに接続されたサーバーが必要です。サーバーはホームページのデータを保管する機器で、通常は業者からレンタルします。ホームページ制作でつまづきやすいのでしっかりと解説します。
Googleマイビジネス
Googleマイビジネスに登録すると検索結果に会社の住所や電話番号を表示させることができます。また広告を出稿できるようになるので、WEB集客を増やす手段として有効です。ホームページ運営・ビジネスを成功させるために非常に大事なサービスです。
初心者向け講座1
ホームページを作るうえでまず考えなければいけないのは、ホームページを公開するURLの文字列を決めて、どのドメインにするかです。ホームページのタイトルと似ているURLにして、適切なドメインを取得することが大事です。
初心者向け講座3
ホームページ制作の最初の具体的な業務として「ディレクション」があります。これはウェブサイト全体の構成を考えることです。各ページに何を載せるのか情報を整理して、ユーザーが見やすいような構成にすることが重要です。
初心者向け講座4
ホームページのタイトルは検索した時の入り口になるので非常に重要です。タイトルを決まる時には、初めてあった人に自己紹介するように丁寧な文にすることが大事です。サービス名よりも、まずは自分の名前(会社名)を置くことでわかりやすく見せることができます。
初心者向け講座5
初心者でもわかるホームページ制作講座第5回目は「トップページを作ろう」です。トップページにはウェブサイトの概要、魅力、ホームページメニューを簡潔にまとめます。利用者やGoogleなどの検索エンジンにとっての顔になるので一番重要なパーツです。
初心者向け講座6
ホームページにトップページを作ったら、固定ページを追加します。固定ページは内容をほとんど更新しないページで、例えば「会社概要」「代表挨拶」「アクセス」を載せます。常に表示させることが多いので最初にしっかりコンテンツを詰めておくことをおすすめします。
初心者向け講座7
ホームページの形が整ったら、あとは定期的に更新します。WordPressでは投稿ページを投稿することで、カテゴリー化やアーカイブ表示できるようになります。ユーザーが求めている情報を提供し、検索エンジンに対するSEO対策をすることが目的です。
WordPress
ホームページ制作に必要なソフトウェア(CMS)であるWordPress(ワードプレス)の解説をします。WordPressの設定方法、デザインの作り方、コンテンツ作成、プラグイン機能の利用、SEOを絡めたウェブ集客や安全な運用についてもまとめます。