初心者向け無料のおすすめホームページ作成ソフト10選

私が大学の軟式野球部に入って2年生になった時に部のホームページ管理を任されました。かれこれ10年ほど前の話です。当時はいきなりでびっくりしましたが、先輩が「うちはこれ使ってるから」と『ホームページビルダー』を渡されました。このソフトは今でも市販のソフトの中では有名でそこそこ人気がありますね。

 

さて、私のようにいきなりホームページを作るか、もしくは管理することになった人もいるでしょうし、個人事業主や法人経営者が「そろそろホームページを作りたい」と自発的にそう決めた人もいるでしょう。そうなるとまずは色々と調べると思いますが、わからないことだらけで困惑するはずです。私もそうでした。

 

ある程度金銭面で余裕があるならば、弊社のようなホームページ制作会社に頼むのが手っ取り早いですが、今の時代初心者でも簡単にホームページを作ることができます。そこで今回は初心者向け無料のおすすめホームページ作成ソフト10選を紹介します。各サービスの特徴やどんな人におすすめか、また有料版(プレミアムプラン)などもまとめています。

 

※それぞれ特徴があるので、とりあえずアルファベット順に紹介します。

 

Ameba Ownd (アメーバ オウンド)

Ameba Ownd

 

アメーバブログで有名なサイバーエージェントが運営しており、ざっくり言うとアメブロのホームページ版です。いくつかのテンプレートから好きなデザインを選ぶことができます。InstagramやTwitterと連携したり、スマートフォンのアプリからも更新できるので、日々の更新が多い人向けです。別のサービスを利用したEC機能の追加、自分で取得した独自ドメインを設定することも可能です。

 

基本無料ですが、その代わりにページの随所に広告が強制表示されます。2015年に「有料版にすると広告をはずせる」と発表がありましたが、2018年2月現在いまだ有料版がありません(笑)

 

>>アメーバオウンド公式サイトはこちら

 

FC2ホームページ

FC2ホームページ

 

動画投稿サイトで有名なFC2です。デザイン性はないものの、一通りは無料でできるのでとりあえずホームページを持ちたい人におすすめです。自分で取得した独自ドメインを使用可能です。基本無料ですが広告表示はないですが、ページ最下部に「Powered by FC2ホームページ」というテキストリンクがつきます。有料版(年間3,600円)になるとこの表示もなくなり、ホームページ上で公開できるデータ容量も増えます。

 

>>FC2ホームページ公式サイトはこちら

 

Goope(グーペ)

Goope

 

ウェブ関連業界では有名なGMOが運営している有料サービスです。月額1,000円、1,500円、3,500円の3つのプランがあり、使える機能がちょっとずつ増えていきます。基本的には一番安いプランで十分です。自分で取得した独自ドメインを使用可能です。テンプレートはある程度揃っていますが、良さそうなデザインは大体有料です(笑)また、基本的な機能が揃っている反面、カスタマイズ性に欠けるので本当に初心者向けのサービスです。

 

>>グーペ公式サイトはこちら

 

Jimdo(ジンドゥー)

Jimdo

 

Jimdoはドイツ初のサービスで、今は世界中で使われています。テンプレートがありますが、そこからクリックやドラッグ&ドラッグだけである程度作れるのが特徴です。ある程度自分好みのデザインにしたい人におすすめです。

 

無料プランの場合は広告が表示されるうえに、スマートフォンやタブレットで画面が最適化されず見づらいです。有料版(月額945円または2,415円)にすると広告表示がなくなり、自分で取得した独自ドメインを利用できます。最上級プランだとネットショップ機能も付きます。
>>Jimdoを使ってホームページ作成した感想と評価
>>Jimdo公式サイトはこちら

 

Strikingly(ストライキングリー)

Strikingly

 

Strikinglyは海外のサービスですが、案内や解説で日本語が用意されているので日本人でも問題なく使用できます。無料版では1ページのみしか作れず、縦にずーっとスクロールしてみていくタイプのホームページになります。そのため臨時の告知やイベント用のホームページとしておすすめです。

 

有料版(月額8ドルまたは16ドル)にすると自分で取得した独自ドメインが利用可能になりますが、最上級プランにしないと作れるページ数は増えないし、「Strikingly」のロゴが消えません。

 

>>ストライキングリー公式サイトはこちら

 

Webnode(ウェブノード)

Webnode

 

マイナーながらもスタイリッシュなホームページ作成ができるサービスです。無料だとドメイン名が〇〇.webnode.jpで、メールアカウントや問合せフォームを作れず、アクセス解析なども一切ありません(笑)プレミアムプランのうち一番グレードが低い月額378円でやっと独自ドメインを利用可能になり、月額629円でメールアカウントを1つと問合せフォームとアクセス解析が利用可能になります。サービス名である「Webnode」の表示を消すには月額1,299円か2,099円のプランにするしかないので、結局は高くつくサービスです。

 

>>ウェブノード公式サイトはこちら

 

Weebly(ウィーブリー)

Weebly

 

ドラッグ&ドロップなどのシンプルな操作でホームページ作成ができる米国発のサービスです。今風のデザインされたレイアウトから選べば簡単にできます。スマートフォンからでも更新可能なので外出が多い人におすすめです。有料版(月額8ドル、12ドル、25ドル)にすると広告表示を消すことができ、独自ドメインを利用可能になります。またEコーマス機能も追加されます。上位のグレードであればサイト内検索や背景に映像を流すことができるなど色々あります。

 

>>ウィーブリー公式サイトはこちら

 

Wix(ウィックス)

Wix

 

Wixは世界で最も有名なホームページ作成サービスの一つです。日本ではJimdoかWixどちらか、という感じになりつつあります。例によってドラッグ&ドロップによる直観的な操作が特徴で、初心者でも自分の思い描いたデザインのホームページを作ってみたい人におすすめです。あらかじめ用意されているデザインテンプレートにギャラリーやネットショップ、問合せフォーム、SNSボタン、オンライン予約など色々追加できます。

 

プレミアムプランで最安の月額416円から独自ドメインが使えますが、広告表示をなくすにはその上の841円、1,266円、1,641円、2,533円にする必要があります。また無料や最安プランだとデータ容量が少ないので写真をたくさん使う人はやはり月額千円前後のプランが必須です。

 

>>ウィックス公式サイトはこちら

 

WordPress(ワードプレス)

WordPress

 

これは皆さんが思い描いている「無料作成ツール」ではありませんが、世界中で利用されています。最大の特徴はカスタマイズ性が高いことです。他のサービスでは色々と決められた機能しかりようできませんが、ワードプレスはできることは全部できます。うまく利用するには技術が必要なので、頑張ってホームページ作成をしたい人におすすめです。レンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得すれば、あとは基本的に全部無料です。

 

>>ワードプレス公式サイトはこちら

 

Yahoo!ジオシティーズ

Yahoo!ジオシティーズ

 

Yahooはネット業界で現存するサービスの中でも老舗です。このジオシティーズ自体も10数年前からあります(笑)デザイン性がありませんが、趣味で作るならばありかもしれません。無料版だと広告がでますが、Yahoo!BB会員だとなくなります。月額300円だと広告が消え、500円にすると独自ドメインが利用可能になります。まぁあえてこのサービスを利用することはないと思います(笑)

 

>>Yahoo!ジオシティーズ公式サイトはこちら

 

各サービスの詳細な情報を知りたい人へ

以上が各サービスの概要になります。独自の機能もあれば、似たような機能もあるので、どれが一番あなたに合っているかはわかりません。実際に自分で使ってみるのが手っ取り早いですが、メリットもデメリットもわかるまで時間がかかります。

 

そこでこのカテゴリーの中で各サービスの特徴や使い方、料金形態の紹介をしたり、比較しておすすめ順にランキング形式にまとめたり、色々と記事を追加していきます。掲載すべき情報量が多大なので全てを更新し終わるのには相当な時間がかかりますが、気長にお待ちください。

無料のおすすめホームページ作成ソフト10選記事一覧

無料でホームページ作成できるサービス「Jimdo」を使った感想と評価をまとめました。無料でできること、できないことを踏まえてどういう人におすすめか考察しています。初心者がJimdoで悩むことや料金プランも紹介しました。