ホームページ制作で挫折しやすいレンタルサーバーを解説

レンタルサーバー

 

ホームページに必要なものは、ホームページそのもののデータ(テキスト・画像など)、ドメイン、サーバーです。どれが欠けてもホームページを見ることができません。ドメインに関しては別記事で解説したので今回はサーバーについて解説していきます。

 

サーバーはデータの保管場所

ドメインをネット上の住所と例えました。ただこの住所はあくまで文字の羅列にすぎないので、実際に家を建てる土地が必要です。それがサーバーです。実際にはホームページを作るわけですが、そのデータをサーバーという場所に保管しておくことになります。

 

サーバーは自分で作ることもできますが、まとまった資金と専門的知識が必要なのと、セキュリティーの必要性で、レンタルするのが一般的です。私は「XSERVER(エックスサーバー)」(以下の写真)を利用しています。その理由は、たまたま目についたというのと、レンタルサーバー業界では(それなりに)大手だからです。

 

エックスサーバー

 

エックスサーバーは初期費用3,000円+月額1,200円が最もシンプルなプランです。最初の契約期間を最も長く(36ヶ月に)設定すれば、月額費用は900円まで安くすることができます。

 

実際はもっと安いレンタルサーバーもあります。よほど大規模な事業を展開していない限り、毎日何万人もみるような規模にはならないと思うので、どこのレンタルサーバーでも大丈夫です。ただ安定性や便利な機能を考えて先ほど紹介した「エックスサーバー」はおすすめです。

 

独自ドメインをレンタルサーバーに設置してひと段落

と言うことで、独自ドメイン(ネット上の住所)をレンタルサーバー(データの保管場所)に設置すれば、ホームページの制作を進めることができます。設置の方法はレンタルサーバー会社ごとに方法が異なるので省略します。

 

ホームページの制作会社によっては、このドメインとレンタルサーバーの手続き代行で数千円〜1万円程度請求するところもあります。確かに、初めての人はどこから何をしてよいかわからないし、実際に色々と面倒な部分はありますけどね笑。

 

(よし、そろそろ宣伝するか‥)ちなみに私はドメインとレンタルサーバーの代行手続きも含めて基本料金300,000円です!詳しくはホームページの制作費用をご覧ください!

 

自分で簡単にホームページを作りたいならグーペ

「ドメイン?レンタルサーバ?何それわかんない!」という人におすすめしたいのがグーペ(Goope)というサービスです。先ほど紹介したムームードメインの母体であるGMOグループの一つで、ウェブ上で簡単にホームページを作ることができるので最近人気が高まっています。
>>グーペ公式サイトはこちら

 

グーペの詳しい使用方法などは別記事で紹介するつもりですが、公式サイトに詳しくてわかりやすい解説がまとめられているし、サポートもしっかりしているので初心者でもできると思います。月額1,000円程度で始められるので、とりあえず自分で何とかしたいという人はぜひチェックしてみてください。

 

関連ページ

ウェブサイト
ウェブページの集合体をウェブサイト(WEBサイト)と言います。ホームページという言い方は本来間違った用法ですが、日本ではウェブサイトと同義で使用されています。
ドメイン
ドメインはインターネット上の住所のようなもので、アルファベットと一部の記号を使い表します。最近は日本語もドメインに使えるようになりました。ドメイン代行業者に申請することで独自ドメインを取得できます。
Googleマイビジネス
Googleマイビジネスに登録すると検索結果に会社の住所や電話番号を表示させることができます。また広告を出稿できるようになるので、WEB集客を増やす手段として有効です。ホームページ運営・ビジネスを成功させるために非常に大事なサービスです。
初心者向け講座1
ホームページを作るうえでまず考えなければいけないのは、ホームページを公開するURLの文字列を決めて、どのドメインにするかです。ホームページのタイトルと似ているURLにして、適切なドメインを取得することが大事です。
初心者向け講座2
ドメインを取得したらホームページのデータを保管するサーバーをレンタルします。一般的にはレンタルサーバー会社にお金を支払って一定の要領を借ります。WordPressなどのCMSを簡単にサーバーにインストールでき、管理画面が分かりやすい業者がおすすめです。
初心者向け講座3
ホームページ制作の最初の具体的な業務として「ディレクション」があります。これはウェブサイト全体の構成を考えることです。各ページに何を載せるのか情報を整理して、ユーザーが見やすいような構成にすることが重要です。
初心者向け講座4
ホームページのタイトルは検索した時の入り口になるので非常に重要です。タイトルを決まる時には、初めてあった人に自己紹介するように丁寧な文にすることが大事です。サービス名よりも、まずは自分の名前(会社名)を置くことでわかりやすく見せることができます。
初心者向け講座5
初心者でもわかるホームページ制作講座第5回目は「トップページを作ろう」です。トップページにはウェブサイトの概要、魅力、ホームページメニューを簡潔にまとめます。利用者やGoogleなどの検索エンジンにとっての顔になるので一番重要なパーツです。
初心者向け講座6
ホームページにトップページを作ったら、固定ページを追加します。固定ページは内容をほとんど更新しないページで、例えば「会社概要」「代表挨拶」「アクセス」を載せます。常に表示させることが多いので最初にしっかりコンテンツを詰めておくことをおすすめします。
初心者向け講座7
ホームページの形が整ったら、あとは定期的に更新します。WordPressでは投稿ページを投稿することで、カテゴリー化やアーカイブ表示できるようになります。ユーザーが求めている情報を提供し、検索エンジンに対するSEO対策をすることが目的です。
WordPress
ホームページ制作に必要なソフトウェア(CMS)であるWordPress(ワードプレス)の解説をします。WordPressの設定方法、デザインの作り方、コンテンツ作成、プラグイン機能の利用、SEOを絡めたウェブ集客や安全な運用についてもまとめます。