「ホームページ」と「ウェブサイト」の違い

ホームページ

 

自分で書いてても「あれ?」と思うのが、「ホームページ」と「ウェブ(WEB)サイト」の違いです。何となくですが、個人や企業が自分を紹介するのがホームページで、例えば「食べログ」のように特定のテーマに沿ったコンテンツを持つものがウェブサイトなのかなと思っていました。

 

Wikipedia等で調べたところ、この認識は部分的には合っているようです。しかし、「ホームページ」という言葉を根本的に間違って使用していることが分かりました。

 

本当はウェブサイトと言うのが正解

先ほど自己紹介がホームページで、特定のテーマに沿ったコンテンツがウェブサイトという認識を示しましたが、本来はこれらは全てウェブサイトと言います。

 

例えば学校のウェブサイトには、トップページがあって、そこから学校の概要、施設案内、入学案内、学生生活、アクセス、入試情報、合格実績などの個別のウェブページがあります。このようなウェブページの集合体をウェブサイトと言うのです。

 

ただ日本では「学校のホームページ」と言ってもみな同じものをイメージしますし、実際に運営(企業)側も「公式ホームページ」と称していることもあります。そういう意味ではホームページとウェブサイトを同じものとして捉えても問題はありません。

 

ホームページの本来の意味

そもそも、「ホームページ」とは、ウェブブラウザ(Google ChromeやFirefox、Safariなど)を起動したときに表示される最初の画面を指します。「ええ!?そうだったのか!」と、そこまでは驚かないけれど、そうなのかと思いました。

 

なぜ日本では「ホームページ」と「ウェブサイト」を混同するようになったのか(海外ではwebsiteが普通らしい)。時期や理由ははっきりしませんが、インターネットが日本でも広まり始めたころ、個人が運営するウェブサイトのことをホームページと呼ぶようになりました。これは英語の「ホーム」を「個人」の意と誤解して広まったようです。

 

特に1990年代後半くらいでしょうか、空前のホームページブームがあって、「ホームページビルダー」というウェブサイト作成ソフトが販売されてからは、完全にこの誤解が定着してしまったと思います。

 

私も神奈川県藤沢市のホームページ制作会社を名乗ってしまったわけですから、目も当てられませんね( ?ω?)

 

はぁ、こんな会社ですがどうぞよろしくお願いします( ?ω?)スヤァ…

 

関連ページ

ドメイン
ドメインはインターネット上の住所のようなもので、アルファベットと一部の記号を使い表します。最近は日本語もドメインに使えるようになりました。ドメイン代行業者に申請することで独自ドメインを取得できます。
レンタルサーバー
ホームページを公開するためにはインターネットに接続されたサーバーが必要です。サーバーはホームページのデータを保管する機器で、通常は業者からレンタルします。ホームページ制作でつまづきやすいのでしっかりと解説します。
Googleマイビジネス
Googleマイビジネスに登録すると検索結果に会社の住所や電話番号を表示させることができます。また広告を出稿できるようになるので、WEB集客を増やす手段として有効です。ホームページ運営・ビジネスを成功させるために非常に大事なサービスです。
初心者向け講座1
ホームページを作るうえでまず考えなければいけないのは、ホームページを公開するURLの文字列を決めて、どのドメインにするかです。ホームページのタイトルと似ているURLにして、適切なドメインを取得することが大事です。
初心者向け講座2
ドメインを取得したらホームページのデータを保管するサーバーをレンタルします。一般的にはレンタルサーバー会社にお金を支払って一定の要領を借ります。WordPressなどのCMSを簡単にサーバーにインストールでき、管理画面が分かりやすい業者がおすすめです。
初心者向け講座3
ホームページ制作の最初の具体的な業務として「ディレクション」があります。これはウェブサイト全体の構成を考えることです。各ページに何を載せるのか情報を整理して、ユーザーが見やすいような構成にすることが重要です。
初心者向け講座4
ホームページのタイトルは検索した時の入り口になるので非常に重要です。タイトルを決まる時には、初めてあった人に自己紹介するように丁寧な文にすることが大事です。サービス名よりも、まずは自分の名前(会社名)を置くことでわかりやすく見せることができます。
初心者向け講座5
初心者でもわかるホームページ制作講座第5回目は「トップページを作ろう」です。トップページにはウェブサイトの概要、魅力、ホームページメニューを簡潔にまとめます。利用者やGoogleなどの検索エンジンにとっての顔になるので一番重要なパーツです。
初心者向け講座6
ホームページにトップページを作ったら、固定ページを追加します。固定ページは内容をほとんど更新しないページで、例えば「会社概要」「代表挨拶」「アクセス」を載せます。常に表示させることが多いので最初にしっかりコンテンツを詰めておくことをおすすめします。
初心者向け講座7
ホームページの形が整ったら、あとは定期的に更新します。WordPressでは投稿ページを投稿することで、カテゴリー化やアーカイブ表示できるようになります。ユーザーが求めている情報を提供し、検索エンジンに対するSEO対策をすることが目的です。
WordPress
ホームページ制作に必要なソフトウェア(CMS)であるWordPress(ワードプレス)の解説をします。WordPressの設定方法、デザインの作り方、コンテンツ作成、プラグイン機能の利用、SEOを絡めたウェブ集客や安全な運用についてもまとめます。