Strikinglyを使ってホームページ作成した感想と評価

Strikinglyのイメージ

 

Strikingly(ストライキングリー)はオンラインホームページ作成のサービスです。2012年に始まった海外のサービスですが、英語のほかにも日本語を含め5言語対応しているため、英語がわからない人でも問題なく利用できます。また、テンプレートが豊富なため、様々な用途に合わせて初心者でも簡単にホームページを作ることができます。

 

今回はイベントのためのホームページを想定してStrikinglyを使用した感想と評価をまとめていきます。

 

料金体系

Strikinglyの料金体系

 

Strikinglyの料金体系は大きく分けて3つに分類されています。

 

  • 無料
  • PRO版
  • LIMITED版

 

無料→LIMITED版→PRO版の順番でできることが変わってきます。

 

LIMITED版ではカスタムドメインの使用や、2つのLimitedサイトの使用、ホームページ上で5点の商品を販売することができます。

 

PRO版では3つのProサイトの使用、商品の販売が300点まで可能になることのほかにも、一つのサイトに対して20ページまで追加することができ、ロゴの非表示や、共同編集、モバイルアクション(電話をかける、道順を調べる、メールを送信するなど、モバイルユーザーに携帯電話でのワンタッチ操作を提供)などがあります。

 

支払いの方法は以下の表のように3のプランが用意されています。

 

分類

一ヶ月プラン

1年プラン

2年プラン

PRO版

$20/月

$16/月

$14/月

LIMITED版

$12/月

$8/月

$7/月

※料金は米ドル設定ですが、日本のクレジットカードにも対応しています。

 

長いプランになるごとに割引率が上がりお得になります。また、すべてのプランに14日間の無料お試し期間がついています。

 

 

Strikinglyでできること

Strikinglyでできること

 

Strikinglyでは、HTMLの知識やデザインの経験がなくても、クリックするだけで編集できて、すぐに公開することができます。

 

無料版でも28のテンプレートを利用できる

Strikinglyのテンプレート

 

Strikinglyはテンプレートが豊富なため、ビジネスやパーソナル、ポートフォリオやストアなど、さまざまなシーンに合わせてテンプレートを選択することができます。また、自由にセクションを追加したり削除したりできます

 

さらに、テンプレートの枠組みがしっかりしているので、画像のアップロードや、文字を変更するだけで簡単に作成できます。イメージとしては、必要な情報をはめ込んでいく感覚です。

 

どのような端末にも自動で対応

Strikinglyのスマホ版

※スマホ用プレビュー画面

 

ページを作成すると、PCページだけでなく、自動でタブレットページ、スマートフォンページに対応してくれます。ホームページを公開する前にPCのプレビュー画面でタブレット用、スマホ用のページも確認することができます。

 

また、タブレット用とスマホ用のページにはQRコードも搭載されるため、便利にアクセスすることができます。

 

一目でわかる編集のセクション画面

Strikinglyの編集画面

 

ホームページを編集する際、左側にセクション画面が出てきます。これは全体像を見る際に非常に役立ちます。また、セクションの順番を入れ替えたいときには、そのセクションの上にカーソルをあわせ、ドラッグするだけで簡単に移動することができるのです。

 

ブログ機能がある

Strikinglyのブログ機能

 

シンプルなイメージのStrikinglyですが、実はブログ機能を利用することができます。ホームページ内でブログを編集し、公開できます。PRO版にアップグレードすると、外部サイトのブログを埋め込むことができます。

 

Strikinglyのブログ機能プロ版

 

無料版でもコメントの許可や読者登録などの細かい設定ができます。また、1投稿に対して5つまでブログカテゴリーの追加ができます。

 

細かい設定が可能

Strikinglyの詳細設定

 

編集画面左上のほうにある設定ボタンから細かい設定ができます。ページタイトルやサイトの詳細情報の他にも、SNSシェア用画像やFaviconも画像をアップロードするだけで設定できます

 

 

Strikinglyでできないこと・難しいこと

Strikinglyでできないこと

 

Strikinglyはできることが多く、テンプレートにしたがって編集していけば簡単にホームページを作成できますが、できないことや難しいこともありました。

 

テンプレートの種類が多くて迷う

無料版でもテンプレートが豊富なので、どのテンプレートを使えばいいのか迷いました。カテゴリごとに分かれていますが、あまり参考にならない印象でした。

 

無料版ではテンプレートを崩せない

テンプレートの枠組みがしっかりしていますが、PRO版以外はセクション内のパーツの編集ができません。具体的な例を挙げて説明します。

 

Strikinglyで難しいこと

 

これは「お問い合わせ・アクセス」としていますが、本来は地図の画面だけ載せようと考えていました。しかし、地図だけのテンプレートはなく、お問い合わせフォームになら地図を表示できることが分かりました。編集した後にお問い合わせフォームのパーツはいらないので消そうとしましたが、消すことができませんでした。

 

いらないと思ったパーツを消したり、このセクション内にこんな機能も欲しい!という編集はできません。

 

無料版の限界

前述のテンプレートを崩せないことも含め、PRO版にしないと難しい機能が多いと感じました。最大の難点はStrikinglyのロゴが表示され続けることです。PRO版にアップグレードしない限り、ページの最下部に表示されるStrikinglyのロゴを消すことができません。

 

また、PRO版以外はマルチページ機能がないので、長い1ページになり、独自のドメインを使用することができません。ホームページにこだわろうとすればするほど壁が見えてきます。

 

 

こんな人にオススメ

Strikinglyがおすすめな人

 

Strikinglyはテンプレートに当てはめるだけですぐにホームページを作成することが強みなので、ホームページ作成初心者の方や、手早くホームページを開設したい方にオススメです。

 

操作説明も丁寧なのでホームページ作成の知識がない人でも大丈夫です。手早く、簡単に複数の機能を併せ持ったホームページを開設することができます。ただし強いこだわりをもっている場合や優柔不断な方は難しさを感じるかもしれません。

 

サンプルサイトはこちら

試しに無料プランで作ったサンプルサイトがあります。「こんなことできますよ」というだけなのでそこまで作りこんではいませんが、イベント開催用のホームページとして必要な情報は載せてあります。
>>イベント開催ページをイメージしたサンプルサイト

 

>>Strikingly公式サイトはこちら

 

関連ページ

Jimdoを使ってホームページ作成した感想と評価
無料でホームページ作成できるサービス「Jimdo(ジンドゥー)」を使った感想と評価をまとめました。無料でできること、できないことを踏まえてどういう人におすすめか考察しています。初心者がJimdoで悩むことや料金プランも紹介しました。
グーペを使ってホームページ作成した感想と評価
ホームページ作成サービス「グーペ(goope)」を使った感想をまとめて評価しました。グーペの特徴や使い方、料金体系、できる事とできない事を踏まえて、どういう人におすすめかなども解説しています。
アメーバオウンドを使ってホームページ作成した感想と評価
サイバーエージェントが運営するホームページ作成サービス「アメーバオウンド」を使った感想をまとめて評価しました。料金体系や特徴、アメーバオウンドでできること、できないこと・難しいことを解説しています。今後自分で勉強したい初心者におすすめです。
Wixを使ってホームページ作成した感想と評価
世界中で使われている無料ホームページ作成サービス「Wix(ウィックス)」を使った感想をまとめて評価しました。料金体系や特徴、ウィックスでできること、できないこと・難しいことを解説します。自分でデザインしたい人におすすめです。
Yahoo!ジオシティーズでホームページ作成した感想と評価
Yahoo! JAPANが運営する無料のホームページ作成サービス「Yahoo!ジオシティーズ」を使った感想と評価をまとめました。テンプレートがないのでHTMLとCSSを使いこなせる人におすすめです。ジオクリエーターのバグがあるので初心者には不向きです。
FC2ホームページでホームページ作成した感想と評価
無料でホームページ作成できるサービス「FC2ホームページ」を使った感想と評価をまとめました。
Webnodeを使ってホームページ作成した感想と評価
無料でホームページ作成できるサービス「Webnode(ウェブノード)」を使った感想と評価をまとめました。料金プラン、無料でできること、できないことを踏まえてどういう人におすすめか考察しています。
Weeblyを使ってホームページを作成した感想と評価
無料でホームページ作成できるサービス「Weebly(ウィーブリー)」を使った感想と評価をまとめました。詳細な料金プラン、無料でできること、できないことを踏まえてどういう人におすすめか考察しています。