ホームページ制作初心者がつまづく「ドメイン」を解説

ドメイン

 

今回は、ホームページを作ってみようかなという人が最初につまづきやすい「ドメイン」について説明します。まぁ実際は業者に任せてしまえば知らなくてもよい部分もありますが、仕組みを理解していないと、何のためにお金を払うのかわかりませんからね。お金を払う以上は、知っておくべきです。

 

ドメインとは

株式会社瑞鶴のホームページを作るにあたり、まず「zuikaku.co.jp」というドメインを取得しました。このドメインはインターネット上の住所のようなものです。文字や数字だけでなく、日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)も使えます。

 

ホームページを持っていない人でも、Facebookやmixi、TwitterなどのSNSをやっている人は多分、自然な流れでこのドメインを取得しています。例えば株式会社瑞鶴のFacebookページは以下のドメインになっています。

 

https://www.facebook.com/zuikaku.inc/

 

末尾の「zuikaku.inc」は私が任意に入力した文字列です。SNSだけでなく、FC2やlivedoorなどの無料ブログも同様で、末尾部分を自分で自由に決められます。

 

お金を払って独自ドメインを取得する

SNSや無料ブログは自分のページ(ドメイン)を無料で取得できますが、先頭に必ず企業のサービス名がついています。一方で、「zuikaku.co.jp」はお金を払って取得しました。「zuikaku.co.jp」の前には何もついていない、どこの企業のサービスにも所属しない「独自ドメイン」と言います。基本的に会社のホームページはお金を払って独自ドメインを取得します。

 

独自ドメインはドメイン取得代行を行う登録業者に頼みます。頼みますと言っても、アマゾンで買い物するのと同じ感じで、ネット上でポチポチするだけ完了できます。例えば、私が利用している登録業者は「MuuMuuDomain(ムームードメイン)」(以下の写真)と言います。ここを利用している理由は、安いし操作が簡単だからです笑。

 

ムームードメイン

 

見てのとおり、取得したいドメインの文字列を入力して申請するだけです。もちろん、ドメインはネット上の住所ですから、重複して取得はできない早い者勝ちです。希望の文字列が他の人に取得されていることは多々あります。

 

ドメインはたくさん種類がある

「zuikaku.co.jp」「facebook.com」など、「.」以下の文字列の違いを気にしたことありますか?他にも「.net」「.jp」など色々あり、それぞれ意味があります。例えば非営利団体は「.org」、政府が保有するのは「.go.jp」、教育機関は「ed.jp」などです。

 

一般の人が取得できるドメインの種類で代表的なのは「.com」と「.net」ですね。初めはこのどちらかで独自ドメインを取得することをお勧めします。ちなみに、「○○.com」と「○○.net」は異なる種類のドメインなので、希望するドメインが先に取得されていた場合は、種類を変えてみるのもありです。

 

参考までに「ムームードメイン」での独自ドメイン取得料金を少し紹介しておきます。

 

  • com‥1,160円
  • net‥399円
  • jp‥2,840円
  • co.jp‥3,780円
  • org‥1,480円

 

さ、皆さんは自分のホームページのドメインの文字列は考えていますか?自分で自由に決められるからこそ少しオリジナリティを入れたいですよね!もしどんなものが良いかわからないという人は相談に乗りますよ!

関連ページ

ウェブサイト
ウェブページの集合体をウェブサイト(WEBサイト)と言います。ホームページという言い方は本来間違った用法ですが、日本ではウェブサイトと同義で使用されています。
レンタルサーバー
ホームページを公開するためにはインターネットに接続されたサーバーが必要です。サーバーはホームページのデータを保管する機器で、通常は業者からレンタルします。ホームページ制作でつまづきやすいのでしっかりと解説します。
Googleマイビジネス
Googleマイビジネスに登録すると検索結果に会社の住所や電話番号を表示させることができます。また広告を出稿できるようになるので、WEB集客を増やす手段として有効です。ホームページ運営・ビジネスを成功させるために非常に大事なサービスです。
初心者向け講座1
ホームページを作るうえでまず考えなければいけないのは、ホームページを公開するURLの文字列を決めて、どのドメインにするかです。ホームページのタイトルと似ているURLにして、適切なドメインを取得することが大事です。
初心者向け講座2
ドメインを取得したらホームページのデータを保管するサーバーをレンタルします。一般的にはレンタルサーバー会社にお金を支払って一定の要領を借ります。WordPressなどのCMSを簡単にサーバーにインストールでき、管理画面が分かりやすい業者がおすすめです。
初心者向け講座3
ホームページ制作の最初の具体的な業務として「ディレクション」があります。これはウェブサイト全体の構成を考えることです。各ページに何を載せるのか情報を整理して、ユーザーが見やすいような構成にすることが重要です。
初心者向け講座4
ホームページのタイトルは検索した時の入り口になるので非常に重要です。タイトルを決まる時には、初めてあった人に自己紹介するように丁寧な文にすることが大事です。サービス名よりも、まずは自分の名前(会社名)を置くことでわかりやすく見せることができます。
初心者向け講座5
初心者でもわかるホームページ制作講座第5回目は「トップページを作ろう」です。トップページにはウェブサイトの概要、魅力、ホームページメニューを簡潔にまとめます。利用者やGoogleなどの検索エンジンにとっての顔になるので一番重要なパーツです。
初心者向け講座6
ホームページにトップページを作ったら、固定ページを追加します。固定ページは内容をほとんど更新しないページで、例えば「会社概要」「代表挨拶」「アクセス」を載せます。常に表示させることが多いので最初にしっかりコンテンツを詰めておくことをおすすめします。
初心者向け講座7
ホームページの形が整ったら、あとは定期的に更新します。WordPressでは投稿ページを投稿することで、カテゴリー化やアーカイブ表示できるようになります。ユーザーが求めている情報を提供し、検索エンジンに対するSEO対策をすることが目的です。
WordPress
ホームページ制作に必要なソフトウェア(CMS)であるWordPress(ワードプレス)の解説をします。WordPressの設定方法、デザインの作り方、コンテンツ作成、プラグイン機能の利用、SEOを絡めたウェブ集客や安全な運用についてもまとめます。