検索順位を上げるために必要なホームページの記事数

記事

 

「どれだけ記事を書いたら狙ったキーワードで検索結果の最初のほうに表示されますかね?」

 

たまに聞かれる質問です。そりゃあ、気になりますよね。だって「SEO対策は任せて下さい!」なんて書いてありますからね。

 

ライバル次第

結論から言うと、ライバル次第です。実際に狙っているキーワードで検索して、1ページ目に表示されている10のWEBサイト(ホームページ)を全部見て下さい。ライバルよりも多く、役に立つ情報(コンテンツ)を詰めれば勝機があります。

 

例えばGoogleで「藤沢 ラーメン」と検索すると以下のような結果が出ます。まぁ‥食べログに勝つのはほぼ不可能だと思います。4番目からは一般のWEBサイトですから、そういう勝てそうなライバルを研究しましょう。

 

検索結果10サイト

 

無駄なページはマイナス評価

全く無知なホームページ制作会社の中には、とにかく狙いたいキーワードを詰めただけの内容のない記事を投稿しまくることを推奨するところもあります。しかし、日々進化する検索エンジンにはバレバレです。内容がない、不自然すぎる内容の記事(ページ)はスパム(悪意のある情報)として検索結果に表示されないだけでなく、ホームページ全体の評価も下げてしまいます。

 

ページ数が少なくても評価される

大事なことは、狙いたいキーワードに対して、関連性が高く、奥が深く、オリジナリティのある情報を載せることです。そうすれば1ページあたりの評価が高まり、ページ数が少なくても総合的な評価は高まります。質の高いページ(記事)をコツコツと詰めていけば、自然と検索結果は上位に浮上していきます。

 

神奈川県のホームページ制作会社に相談を

とは言え、文章を書くのが苦手な人もいるでしょう。専門知識はあるけれど、どんな具合に分けて書いたらいいのか分からない人もいるでしょう。そういう方のために、私の会社では最初にディレクションを行い、SEOの専門家としてどのようなことを書くべきかを一緒に考えます。また、ディレクション以降も無料で相談をお受けします。ぜひ人気NO1(自称)の神奈川県藤沢市のホームページ制作会社にご相談ください!

関連ページ

SEO対策の解説
SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で「検索エンジン最適化」という意味です。内部対策としてサイトタイトル、Hタグ、ライティングのほかコンテンツが重要視されます。外部対策であるリンクはリスクがあるのでお勧めできません。
タイトルのつけ方
ホームページ(ウェブサイト)につけるタイトルは検索結果に表示されるので、SEO対策に加えて集客効果の高い文にしなければなりません。検索キーワードを先頭から順番に入れるのではなく、ユーザービリティを考えてわかりやすいタイトルにすることが大事です。
ライティング基本編
Googleの検索エンジンのロボットが読みやすい文章を書くことが、SEO効果の高いライティングの基本です。主語と述語の関係を明確にし、それを装飾するために形容詞、副詞を適切に用います。つまりSEO効果が高い文章は、人が読みやすい文章でもあります。
ライティング応用編
記事を書く上で大事なのは、コンテンツです。役に立つ情報でなければ人は読みません。それをGoogleなどの検索エンジンは理解します。またコンテンツに深みを出す共起語を用いることでSEO効果の高い記事を書けます。
検索エンジンとは
検索エンジンとはインターネットを利用して調べるときに使用するサービスです。無料で使用できる代わりに、検索結果に広告が表示されるのが一般的です。Google、Yahoo、Bing、gooなどが検索エンジンの代表例です。