SEO効果のある記事の書き方(ライティング)応用編

この記事を読む前に、必ず「SEO効果のある記事の書き方(ライティング)基本編」を一読してください。本記事では狙いたい検索キーワードに対して有効な文章の書き方について考察します。

例えばあなたが藤沢市でラーメン屋を営業して、どうにかウェブで集客したいとしましょう。最近は食べログの評価や口コミを参考にする人が増えていますが、単純に「藤沢 ラーメン」というキーワードでネット検索して探す人も多くいます。

だからあなたが運営するラーメン屋のホームページを、「藤沢 ラーメン」の検索結果の上位(1ページ目)に表示させるために、SEO(検索エンジン最適化)対策を行うことは非常に重要なのです。

最も重要なのはコンテンツ

まず心がけてほしいのは、コンテンツ(意味・価値のある情報)を充実させることです。例えば「藤沢 ラーメン」で上位表示させたいと思ったら、「藤沢のラーメン」に関するコンテンツをできる限りまとめることです。

「藤沢のラーメン」という例であれば、「商品情報(ラーメンの名前・画像・価格・説明)」「藤沢市のどこにあるか(アクセス)」「店舗の外観・内観」「店主・店員の紹介」というのは載せるべきでしょう。また、より「藤沢」を強調するために「なぜ藤沢に」という店主の思い入れや、「藤沢らしいラーメン」(?)みたいなコンセプトの紹介があってもよいです。コンテンツをどう広げるかについては後述します。

ただし、載せた情報がユーザーにとって役に立たない内容だったり、関係のない内容だったりすると検索エンジン(GoogleやYahooなど)からの評価は下がります。特に他のウェブサイトからのコピー(パクリ)と判断されると検索結果から消される場合もあります。だから載せるコンテンツは自分で作ること(オリジナルコンテンツ)が大事です。

コンテンツは共起語で深みを増す

コンテンツを充実させる(ホームページの評価を上げる)ためには、「共起語」を盛り込むことが有効とされています。共起語とは、あるキーワードが文章に出た時に、必然的に使用されるほど関係が深い言葉です。

例えば「藤沢 ラーメン」の共起語は以下の言葉が挙げられます。
ラーメン、藤沢市、営業、辻堂、ラーメン屋、時間、めん、徒歩、スープ、湘南、情報、神奈川県、おすすめ、深夜、お店、口コミ、しょうゆ、つけ、そば、家系、メニュー、ランチ
※共起語の調査にはフリーで使える共起語検索ツールを使用しました。

これらは1ページに詰め込むのではなく、自然な形でホームページの各所に織り交ぜることが大事です。例えば「アクセス」のページには「藤沢市、辻堂、湘南、神奈川県、徒歩」などが当てはまりますし、大抵は営業時間も載せるので「時間、 深夜」なども入れられるでしょう。

ただし、この共起語はあくまで一例にすぎません。その道の専門家ならもっと関連する言葉がすらすら出てくるでしょう。検索エンジンでは、そういう専門性が高くて信頼できるホームページ(ウェブサイト)が評価されやすい傾向があります。

まとめ

基礎編の内容を踏まえて、ホームページに載せる文章を書く上で大事なことをまとめます。

  1. 主語・述語の関係を明確にし、適切な形容詞や副詞などの表現を使用する
  2. 狙う検索キーワードに関連するコンテンツを充実させる
  3. 共起語でコンテンツに深みを出す

あとは、実際に自分で書いて、ライティング(執筆)スキルを磨くのみです!書いた後は自分で何度も読み直して推敲してください。もし可能であれば、家族や友人に読んでもらうのも良いですね!

さぁ、いますぐキーボードを叩き始めなさい!

関連記事

ページ上部へ戻る