ホームページ制作初心者が最初につまづく「ドメイン」と「レンタルサーバー」

今回は、ホームページを作ってみようかなという人が最初につまづきやすい「ドメイン」と「レンタルサーバー」について説明します。まぁ実際は業者に任せてしまえば知らなくてもよい部分もありますが、仕組みを理解していないと、何のためにお金を払うのかわかりませんからね。お金を払う以上は、知っておくべきです。

ドメインとは

株式会社瑞鶴のホームページを作るにあたり、まず「zuikaku.co.jp」というドメインを取得しました。このドメインはインターネット上の住所のようなものです。文字や数字だけでなく、日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)も使えます。

ホームページを持っていない人でも、Facebookやmixi、TwitterなどのSNSをやっている人は多分、自然な流れでこのドメインを取得しています。例えば株式会社瑞鶴のFacebookページは以下のドメインになっています。

https://www.facebook.com/zuikaku.inc/

末尾の「zuikaku.inc」は私が任意に入力した文字列です。SNSだけでなく、FC2やlivedoorなどの無料ブログも同様で、末尾部分を自分で自由に決められます。

お金を払って独自ドメインを取得する

SNSや無料ブログは自分のページ(ドメイン)を無料で取得できますが、先頭に必ず企業のサービス名がついています。一方で、「zuikaku.co.jp」はお金を払って取得しました。「zuikaku.co.jp」の前には何もついていない、どこの企業のサービスにも所属しない「独自ドメイン」と言います。基本的に会社のホームページはお金を払って独自ドメインを取得します。

独自ドメインはドメイン取得代行を行う登録業者に頼みます。頼みますと言っても、アマゾンで買い物するのと同じ感じで、ネット上でポチポチするだけ完了できます。例えば、私が利用している登録業者は「MuuMuuDomain(ムームードメイン)」(以下の写真)と言います。ここを利用している理由は、安いし操作が簡単だからです笑。

ムームードメイン

見てのとおり、取得したいドメインの文字列を入力して申請するだけです。もちろん、ドメインはネット上の住所ですから、重複して取得はできない早い者勝ちです。希望の文字列が他の人に取得されていることは多々あります。

ドメインはたくさん種類がある

「zuikaku.co.jp」「facebook.com」など、「.」以下の文字列の違いを気にしたことありますか?他にも「.net」「.jp」など色々あり、それぞれ意味があります。例えば非営利団体は「.org」、政府が保有するのは「.go.jp」、教育機関は「ed.jp」などです。

一般の人が取得できるドメインの種類で代表的なのは「.com」と「.net」ですね。初めはこのどちらかで独自ドメインを取得することをお勧めします。ちなみに、「○○.com」と「○○.net」は異なる種類のドメインなので、希望するドメインが先に取得されていた場合は、種類を変えてみるのもありです。

参考までに「ムームードメイン」での独自ドメイン取得料金を少し紹介しておきます。

  • com‥1,160円
  • net‥399円
  • jp‥2,840円
  • co.jp‥3,780円
  • org‥1,480円

レンタルサーバーはデータの保管場所

ドメインをネット上の住所と例えました。ただこの住所はあくまで文字の羅列にすぎないので、実際に家を建てる土地が必要です。それがサーバーです。実際にはホームページを作るわけですが、そのデータをサーバーという場所に保管しておくことになります。

サーバーは自分で作ることもできますが、まとまった資金と専門的知識が必要なのと、セキュリティーの必要性で、レンタルするのが一般的です。私は「XSERVER(エックスサーバー)」(以下の写真)を利用しています。その理由は、たまたま目についたというのと、レンタルサーバー業界では(それなりに)大手だからです。

エックスサーバー

エックスサーバーは初期費用3,000円+月額1,200円が最もシンプルなプランです。最初の契約期間を最も長く(36ヶ月に)設定すれば、月額費用は900円まで安くすることができます。

実際はもっと安いレンタルサーバーもあります。藤沢市でホームページ制作する場合に限って言えば、毎日何万人もみるような規模にはならないと思うので、どこのレンタルサーバーでも大丈夫です。ただ安定性や便利な機能を考えて先ほど紹介した「エックスサーバー」はおすすめです。

独自ドメインをレンタルサーバーに設置してひと段落

と言うことで、独自ドメイン(ネット上の住所)をレンタルサーバー(データの保管場所)に設置すれば、ホームページの制作を進めることができます。設置の方法はレンタルサーバー会社ごとに方法が異なるので省略します。

ホームページの制作会社によっては、このドメインとレンタルサーバーの手続き代行で数千円~1万円程度請求するところもあります。確かに、初めての人はどこから何をしてよいかわからないし、実際に色々と面倒な部分はありますけどね笑。

(よし、そろそろ宣伝するか‥)ちなみに私はドメインとレンタルサーバーの代行手続きも含めて基本料金120,000円です!詳しくはホームページの制作費用をご覧ください!

自分で簡単にホームページを作りたいならグーペ

「ドメイン?レンタルサーバ?何それわかんない!」という人におすすめしたいのがグーペ(Goope)というサービスです。先ほど紹介したムームードメインの母体であるGMOグループの一つで、ウェブ上で簡単にホームページを作ることができるので最近人気が高まっています。
>>グーペ公式サイトはこちら

グーペの詳しい使用方法などは別記事で紹介するつもりですが、公式サイトに詳しくてわかりやすい解説がまとめられているし、サポートもしっかりしているので初心者でもできると思います。月額1,000円程度で始められるので、とりあえず自分で何とかしたいという人はぜひチェックしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る