横浜ガールズバーのエル

※画像は公式ホームページより

先日ついにEL(エル)に行くことができました。というのも実は2回お店があるビルまで行った事があるのですが、20時オープンを知らずに行ったのと、ちょっとびびって入れなかったのです。3回目の正直で無事にお店に入れました。

そもそもエルの場所がね、駅から少し遠いんですよ。地図は本記事最後に載せていますが、鶴屋町を歩いていって車がビュンビュン通るような広い道のところです。繁華街の端っこです。本当にここにあるのかと疑うレベルですが、野地ビルという建物の3階にちゃんとありました。

横浜のガールズバーELの入り口

店内は懐かしい感じのバー

第一印象は普通のバーです。カウンターがあって、女性が向かいに立ってお客さんと話しています。女性は私服で、年齢は20~30前後という感じです。ママもいますね。

お店に入ると細長いのがわかります。カウンターの椅子に座るとすぐ後ろが壁です。目の前にはお酒がズラーっと並んでおり、カラオケ用のモニターが複数設置されていました。

横浜のガールズバーELの中の様子
座って店内を見渡すと、派手過ぎず地味過ぎず、落ち着て飲めるバーというのがわかります。立地的にもウェーイ系もこないだろうし、お客さんもそこそこの年齢層なので、まったり飲むに向いてそうなお店です。

ショットもボトルも安い

ここは税込・サービス料込みで60分4,000円で焼酎とウイスキーの水割りが飲み放題だったきがします。となるとこの料金自体はまずまずなのですが、キャストドリンクが800円で他のガールズバーよりも200円程度安いです。またボトルも全体的に他のガールズバーの3分の2くらいの値段設定でした。

飲み放題以外のショットに関しても500~800円くらいで、それこそ普通のバー価格なのがありがたいですね。メニュー表の写真撮ってないので記憶だよりですが…。

玄人好みのお店か

私がお店に入った時は4~5人くらい女性がいた気がします。そのうちの一人はママのようです。私が最初に話した人はエルのオープンからいる人らしく、元キャバ嬢というか高級クラブで働いていたようです。言われればそんな面影がある…かも。

とりあえずお店のシステムとか聞いていると、もうこの店は7年くらい続いているらしいです。ガールズバーで7年は長い(笑)聞けば横浜は結構取り締まりが厳しいらしく、某有名グループが摘発されている一方でエルはきっちりと風営法を順守してきたらしいです。

つまり、エルには指名も同伴もありません。

そろそろ帰ろうかな~と思っていたところで、2人目の方。この方は地元が藤沢らしく、地元トークを展開していました。最寄り駅が藤沢駅っていうからどこかと聞いたらよく知らない地名で、藤沢駅から歩いて40分らしいです。最寄りとはいったい…。

まぁ、なんで「玄人込み」と書いたかというと、お話しした女の子や他のお客さんを見ていると、キャピキャピしたものを求めていないのだなぁという感じがあったからです。素人感ある女の子もいましたが、おとなしい系なので馴染んでいました。まぁ指名も同伴もないし、それこそ本当に誰かと一緒にお酒を飲みたい時に行くのがいいでしょうかね。

料金システム

60分3,500円で焼酎とウイスキーの水割りは飲み放題。
タックス・サービス13%。
カラオケ歌い放題。
キャストドリンクは800円。
ボトルキープがあり。
VIPルームはプラス2,000円。
※指名・同伴はありません。

アルバイト情報

カウンターレディー(アルバイト)
時給:1,200円~
勤務時間:20時~翌5時の間で、週1日3h~
待遇:日払いあり、交通費支給、入店祝い金あり
※高校生不可
※詳細はバイトルで検索するかお店に直接聞いてください。

エルの基本情報

営業日:月~土(日曜祝日定休)
営業時間:20時~翌5時
所在地:横浜市神奈川区鶴屋町2-19 野地ビル3F
⇒エル公式サイトはこちら

近隣のガールズバー

>>横浜のガールズバーまとめ

The following two tabs change content below.
シンシン
株式会社瑞鶴の代表取締役社長です。すぐ太るので週に何日かはフィットネスジムかボクシングジムに通っています。それ以外の日は大体呑み歩いています。