テンプレート更新&親知らずの状況は最悪

8月25日にテンプレート一時変更&親知らず抜いたと報告しましたが、その続編です。まぁ前回の記事の内容を読まなくても話は通じます。

先にこの写真の説明すると、左側が漢方薬2種、右上が痛み止めで、右下が抗生物質です。内科や歯医者で処方された薬です。

親知らずは抜歯後がやばい

下顎に横向きに生えていた親知らずを、2時間かけて抜いた話を以前しました。その直後から1週間くらいはやばいくらいに腫れていましたが、今は違和感がない程度まで腫れがおさまりました。

しかし抜歯部分‥言い換えれば、骨や肉を削った部分が相変わらず痛い(´;ω;`)ウゥゥ

結構奥まで削ったせいか、歯医者の先生の予想よりもかなり長引いています。おまけに、前回抜いた左の奥歯付近と左側頭部にも痛みが波及しています。いわゆる偏頭痛状態です。

とどめを刺すように、謎の腹痛も始まりました。内科に行ったら漢方薬を処方されましたが、大丈夫なんでしょうか‥??

テンプレートの更新について

当ホームページの閲覧者には何が更新されたのかわからないと思います。しかし、中身は大幅にカスタマイズされました。

主な変更点は以下の3つです。

  • ロゴの上のテキストを任意に変更できるH1タグにした
  • ロゴからH2タグをとった
  • ロゴの横にmeta descriptionを表示

まぁ‥WEB業界人出ない限り、何を言っているのか理解できないと思います(笑)。とにかく、上記以外にも細かい変更点はありますが、SEO対策としてどうしても納得できなかった部分を改善できたので嬉しいです。

瑞鶴のホームページのデザインはTCDという企業のテンプレートを使っています。視覚的なデザインは素晴らしいのですが、サイト内部の構造がめちゃくちゃなので一長一短です。

お客さんとしてはこういうデザイン性が優れているテンプレ―トを好む傾向がありますが、内部構造のカスタマイズで結構費用がかかるんですよね。しかし、逆に内部構造がしっかりしているテンプレートはデザインがダサいことが多いので、それもそれでデザインのカスタマイズでお金がかかるという罠(笑)。

まぁ‥最初から完璧を求めてはいけませんね。ホームページは家と同じで、徐々に自分好みに変えていくのも醍醐味です。

関連記事

ページ上部へ戻る