テンプレート一時変更&親知らず抜いた

みなさんこんばんわ。今にも死にそうな社長です。本日はタイトル通り2つだけ手短に伝えて寝ます。

テンプレートを一時的に変更中

まず、以前の当サイトのテンプレート(デザイン)はカスタマイズ中のため、一時的に別のテンプレートを適用しています。かなり見た目がしょぼくなっていますが、カスタマイズが終わったら元に戻します。

また、カスタマイズが終わるまで更新を止めておきます。後述する、歯の痛みがやばいというのもあります。とにかく、ずっと横になって寝ていたい。

親知らず抜いて死にそう

私は親知らずが上下左右に合って、上の2本はともかく、下の2本が横向きに生えているので抜く必要がありました。それで、右下の親知らずは今年4月ぐらいに抜いて、今日左下の親知らずを抜きました。

前回の右下は結構大変でしたが、今回左下の抜歯はさらに色々とやばかったです。まず、顎の骨の中に親知らずが埋まっているので、部分的に骨を削らないといけない。まぁこの点は前回と同じなので覚悟していました。誤算は、親知らずの中に血管が1本通っていた!?ことです。

 

施術中、なんか先生があわただしそうに「ガーゼ」「もっとガーゼ」と言ってちょっと焦った様子。血がドバっと出た模様。この時点でちょっとビビル社長。一旦止血して、急きょ精密なレントゲンとったら血管があったことが判明。

その後は先生2人態勢という、割と本気の手術モードでやばかったです。かなり顎の奥のほうまで埋まっていたようで、なかなか抜けない時に先生2人が「あれでいこう」とか、まさに手探りで進行しているのが、どうしても耳に入ってくるので不安でした。当初の予定よりかなり長引いて、途中から麻酔が切れ始めたので、麻酔を追加したり、麻酔が届かない奥の部分(?)まで刺激があって、大げさだけど死ぬかもしれないと覚悟しました。

 

結局、2時間オーバーで無事終了‥先生方、本当にありがとうございました(涙)。しかし2時間ずっと口開けてて、その中でドリルやらメスやらでいじくりまわされてとても疲れました。そして当然、麻酔切れた後の痛みもやばいし、腫れ始めています。

 

でも、最後に可愛い歯科衛生士のお姉さんに労わってもらえたので良かったです。

 

お姉さん、結婚してください。

関連記事

ページ上部へ戻る