初心者向け講座6 【固定ページを作る】

ホームページの固定ページ

 

ホームページにトップページを作ったら、それ以外のページを追加していきます。WordPressでは通常はまず「固定ページ」という種類のページを作成します。

 

当サイトで上の方に表示しているサイトメニューは全て固定ページです。たまに文言を追加したり削除したりすることはありますが、ほとんど内容を更新しないで、常に表示させています。つまり、ホームページにおいて非常に重要なページな位置づけにあるのが固定ページなのです。

 

固定ページに載せる内容

※画像は旧版の弊社ホームページなので現在とは異なります。

 

固定ページに載せる内容

固定ページとはほとんど更新しない内容を載せるページです。例えば「会社概要」「事業内容」「代表挨拶」「アクセス」「商品紹介」などです。これらのページは一度作ったらほとんど内容を変えることはありません。そのためWordPressでは固定ページと言います。

 

一方で「社長日記」「お知らせ」など、日々追加していくような内容をWordPressでは投稿ページと言います。投稿ページはホームページがある程度出来上がってから、定期的に新しい内容を追加していくためのページです。一般的なブログではこの投稿ページが用いられます。

 

できる限りしっかりとコンテンツを詰める

固定ページは一度作ったらほとんど更新しないで、常に表示しておくことが多いので、最初に作る際にできる限りコンテンツを詰め込んでおくことをおすすめします。もっとも、後からでも随時調整はできるので、100%完璧にしなくても大丈夫です。

 

何を書いたらいいのか分からないと言う人は、大企業でお金をかけていそうなウェブサイトを参考にすると良いでしょう。私も神奈川県横浜市でホームページ制作会社を始めるにあたり、誰もが知っている有名企業のウェブサイトを参考にさせてもらいました。例えそれがライバル業者であっても、いいところは真似ることは大事です(パクリはダメ!)。

 

固定ページを作り終えたらひと段落

トップページと複数の固定ページがあれば、一応ホームページとして見せられる内容になるはずです。会社や店舗のホームページとしては問題なく公開できるはずです。

 

この後は、次回お話しする更新作業を通して、より充実したホームページを目指していきます。

 

 

関連ページ

初心者向け講座1
ホームページを作るうえでまず考えなければいけないのは、ホームページを公開するURLの文字列を決めて、どのドメインにするかです。ホームページのタイトルと似ているURLにして、適切なドメインを取得することが大事です。
初心者向け講座2
ドメインを取得したらホームページのデータを保管するサーバーをレンタルします。一般的にはレンタルサーバー会社にお金を支払って一定の要領を借ります。WordPressなどのCMSを簡単にサーバーにインストールでき、管理画面が分かりやすい業者がおすすめです。
初心者向け講座3
ホームページ制作の最初の具体的な業務として「ディレクション」があります。これはウェブサイト全体の構成を考えることです。各ページに何を載せるのか情報を整理して、ユーザーが見やすいような構成にすることが重要です。
初心者向け講座4
ホームページのタイトルは検索した時の入り口になるので非常に重要です。タイトルを決まる時には、初めてあった人に自己紹介するように丁寧な文にすることが大事です。サービス名よりも、まずは自分の名前(会社名)を置くことでわかりやすく見せることができます。
初心者向け講座5
初心者でもわかるホームページ制作講座第5回目は「トップページを作ろう」です。トップページにはウェブサイトの概要、魅力、ホームページメニューを簡潔にまとめます。利用者やGoogleなどの検索エンジンにとっての顔になるので一番重要なパーツです。
初心者向け講座7
ホームページの形が整ったら、あとは定期的に更新します。WordPressでは投稿ページを投稿することで、カテゴリー化やアーカイブ表示できるようになります。ユーザーが求めている情報を提供し、検索エンジンに対するSEO対策をすることが目的です。
おすすめフリーソフト
初心者におすすめの無料ホームページ作成ソフトやサービス、ツールをまとめて紹介しています。各サービスの特徴や料金体系、有料プランで利用できる機能も解説しています。趣味から個人事業主、企業のホームページやネットショップを開設したい人必見の情報です。