SEOとは

SEO

 

よくホームページ制作会社が「SEO内部対策を行い集客力UP!」と掲げていることがありますが、普通の人にはこれが一体どういうことなのか分からないと思います。

 

多分に漏れず当ホームページでもそのような文言を載せていますから、責任を持って解説したいと思います。ただ一度に全部説明しようとするど膨大な量になるので、何回かに分けて解説していこうと思います。

 

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で「検索エンジン最適化」という意味です。主にWEB業界で使用される言葉なので、普通の人が耳にすることは滅多にありません。

 

検索エンジンはリアルタイムで世界中のWEBサイト(ホームページ)を評価して、検索結果に評価の高い(関連性が高くて信頼できる)順番に並べて表示します。

 

「最適化」と言うのは、検索結果の上位(1ページ目)に表示させるために、WEBサイトの検索エンジンからの評価を上げる対策のことです。

 

ですから、ホームページを作っただけでは意味がなく、SEO対策も行ってはじめて多くの人に見てもらえるわけです。もちろんSNS(FacebookやTwitter)で拡散・シェアされることもありますが、基本的には検索エンジンで調べられたときに自分のホームページを表示させることが大事です。

 

ここまでが言葉の説明で、以下の個別の記事で色々と解説していきます。長くなるので時間がある人はどうぞご覧ください。

 

SEOに関する情報・知識記事一覧

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で「検索エンジン最適化」という意味です。内部対策としてサイトタイトル、Hタグ、ライティングのほかコンテンツが重要視されます。外部対策であるリンクはリスクがあるのでお勧めできません。
ホームページ(ウェブサイト)につけるタイトルは検索結果に表示されるので、SEO対策に加えて集客効果の高い文にしなければなりません。検索キーワードを先頭から順番に入れるのではなく、ユーザービリティを考えてわかりやすいタイトルにすることが大事です。
Googleの検索エンジンのロボットが読みやすい文章を書くことが、SEO効果の高いライティングの基本です。主語と述語の関係を明確にし、それを装飾するために形容詞、副詞を適切に用います。つまりSEO効果が高い文章は、人が読みやすい文章でもあります。
記事を書く上で大事なのは、コンテンツです。役に立つ情報でなければ人は読みません。それをGoogleなどの検索エンジンは理解します。またコンテンツに深みを出す共起語を用いることでSEO効果の高い記事を書けます。
検索エンジンとはインターネットを利用して調べるときに使用するサービスです。無料で使用できる代わりに、検索結果に広告が表示されるのが一般的です。Google、Yahoo、Bing、gooなどが検索エンジンの代表例です。
SEOに関する情報や知識を記事にしています。SEOとはSearchEngineOptimizationの略で「検索エンジン最適化」を意味します。ホームページ制作と非常に深い関係があります。